スズキ・ソリオが36,750円で「ぶつからない」装備!

 スズキ「ソリオ」はコンパクトボディにスライドドアを備えた使いやすいモデル。そのソリオに、安全性能を高める『レーダーブレーキサポートII』がメーカーオプション設定されました。

すでに軽自動車にもレーザーセンサーを使った「レーダーブレーキサポート」は装備されていますが、ソリオに搭載された『レーダーブレーキサポートII』はクラス初のミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システムとなっているのが特徴です。

solio_BANDIT_rBSII

 

検知可能距離が長いミリ波レーダーの特性を活かしたことで衝突回避、衝突被害軽減の作動可能速度を高めています。

ブザー音とメーター内の表示により警報を発し、運転者にブレーキ操作などを促す「前方衝突警報機能」の作動可能速度 は、静止している車両に対して:車速 約5km/h~約80km/h、移動している車両に対して:車速 約5km/h~約100km/hとなっています。

運転手の操作に対して、ブレーキアシストを行なう「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」は、約5km/h~100km/hでに走行速度に対応します。

さらに、ドライバーの操作が間に合わないとクルマが判断すると、「自動ブレーキ機能」が働きます。こちらは約5km/h~30km/hの低速走行中に、自動的に強いブレーキをかけるというものです。これにより、衝突の回避、または衝突時の被害軽減を図ります。

wave_radar_solio

「レーダーブレーキサポートII装着車」は、レーダーブレーキサポートIIに加え、エマージェンシーストップシグナルのほか車両安定機構「ESP」も備えています(DJEグレードは標準装備)搭載し安全装備を充実させた。さらに、45~100km/hで設定できるクルーズコントロールシステムを採用しています。

メーカー希望小売価格は、通常エンジン搭載グレードが68,250円のメーカーオプションを含み1,583,400円~1,872,150円。デュアルインジェクターのDJEエンジン搭載グレードは36,750円のメーカーオプションを含む1,683,150円~1,940,400円となっています。   

(山本晋也)