スズキが大型車ブームの中国市場から撤退、経営資源をインドに集中か?

ススキが、中国で主力モデル・「スイフト」「イグニス」の生産・販売を手掛ける「重慶長安鈴木汽車」との合弁事業を解消する方向で調整しているそうです。

「江西昌河鈴木汽車」との合弁解消に続くもので、新聞報道などによるとスズキは事実上、中国における自動車生産から撤退する模様で、今後は50%のシェアを握るインド市場に集中する考えのようです。

同社は1993年に中国における小型車生産/販売で、重慶長安鈴木汽車との合弁事業をスタートさせましたが、中国の経済成長にともない、SUVなどの大型モデルの人気が高まり、販売面で苦戦を強いられてきました。

本年6月には同様に苦戦していた江西昌河鈴木汽車との合弁を解消。保有株を全て同社に売却しており、重慶長安鈴木汽車の株式についても、50%分を同社に売却する方向で調整している模様。

スズキの昨年度の中国市場における自動車販売は、前年度比-28.8%減の10.5万台に留まっており、一方のインド市場では+14.5%増(165.4万台)と好調を維持。今後も成長が見込まれることから、経営資源をインドに振り向ける考えのようです。

ただ、中国から一旦撤退すると再参入は非常に困難になるため、慎重な判断を求められそうです。

Avanti Yasunori・画像:SUZUKI)

【関連記事】

スズキ・ジムニーが早くもベスト10にランクイン! 7月度の国内新車販売台数が発表
https://clicccar.com/2018/08/08/616713/

旺盛な需要に生産が追い付かない!? 新型スズキ「ジムニー」はココが魅力
https://clicccar.com/2018/08/06/615966/

2030年に30車種 1万店! インド市場におけるスズキ会長の壮大な野望とは?
https://clicccar.com/2018/07/06/606307/

スズキ、世界販売で初の300万台突破!2018年3月期の純利益が35%増に
https://clicccar.com/2018/05/13/588967/

スズキが2020年のEV発売に向け、インドで駆動用バッテリーの量産準備へ
https://clicccar.com/2018/02/17/560043/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事