15代目クラウンの「6ライトウインドウ」は古参客にも受け入れられるか?

トヨタ自動車が6月26日に発売した15代目となる新型「クラウン」は、「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」を1モデルに統合。スポーティセダンの創出を狙いに、ロングノーズのFRらしいプロポーションや、ルーフからラゲージにかけて流麗なボディラインを実現しています。

TNGAに基づくプラットフォームを一新すると共に、ホイールベースを70mm延長。「6ライトウィンドウ」採用に伴い、これまでのクラウンのアイコンともいえる太くがっちりしたCピラーが細幅化されるなど、特にサイドビューの印象が多大きく変わっています。

現行レクサスLSやプリウス等でも採用されている「6ライトウィンドウ」は、車両後方の死角削減など運転視界の拡大に加え、伸びやかなシルエットの演出に寄与します。

トヨタが今回クラウンに「6ライトウィンドウ」を採用した背景には、同車ユーザーの平均年齢が60代後半に達していることから、走りも含めて若返りを図る狙いがあったためで、従来の延長線上ではなく外観を大きく変化させることで、その意図を体現しているという訳です。

同社によると、発売から1ヶ月間で月販目標(4,500台)の約7倍となる約30,000台を受注するなど、新型クラウンは好調な立ち上がりを示しているようです。

ただ、長い歴史を持つクルマ(1955年〜)だけに、大きな変化を好まない古参客にも同車の「6ライトウィンドウ」が抵抗無く受け入れられているかを判断するには時期尚早な面も。

新型クラウンのデザインに対する消費者の反応を見際めるにはもう少し時間を要することになりそうです。

Avanti Yasunori

【関連リンク】

トヨタ クラウン
https://toyota.jp/crown/

【関連記事】

新型クラウンの美しさを際立たせる「モデリスタ マジック」とは?
https://clicccar.com/2018/08/17/619542/

トヨタ自動車が「カローラ スポーツ」、新型「クラウン」の受注状況を公表
https://clicccar.com/2018/07/27/612637/

新型トヨタ「クラウン」のエクステリア・デザインを新旧比較して判ったこと
https://clicccar.com/2018/06/28/603729/

トヨタが初代「コネクティッドカー」、新型クラウンとカローラスポーツを同時発売!
https://clicccar.com/2018/06/27/603506/

危機感がクルマを鍛える!トヨタが新型「クラウン」に課した使命はユーザー層の「若返り」
https://clicccar.com/2018/06/14/599254/

『トヨタ・クラウン』の最新記事
「王冠」ではなく「皇冠」。中国のクラウンは「らしさ」が特徴!?【上海国際モーターショー2019】
【幻の限定車、中古車で今いくら?】ピンク色は安いという常識を覆したトヨタ・クラウン“Re BORN PINK”の市場価格をチェック
ついに200系クラウンのパトカーが登場! 白黒だけでなく覆面パトカーもスケールモデル化!!
【新型クラウンTRDカスタム】メーカー直系らしいフィッティングで、RSグレードをさらにアグレッシブに
【コネクテッドの実力は?】新型クラウンに搭載されているコネクテッドは便利なのか、確かめてみた
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事