【ホンダ・N-VAN試乗】街中中心ならNAモデルでも必要十分でも、ベストチョイスはターボモデル!?

ホンダ・N-VANのプレス試乗会では、NAエンジンの試乗車にのみ100kgのウェイトが載せられていました。100kgのウェイトを積んでいたのは、はたらく軽バンであるN-VANの足まわりがこれくらいの荷重を想定してセッティングされたからだそう。

ウェイトがないとおそらく、リヤを中心に突き上げが大きくなるはずで、100kgの「重し」を積んでいなかったターボモデルの後席は明らかに上下動が大きくなっていました。なお、サスペンションのセッティングは、100kg荷重のNAも空荷のターボも同じとのこと。