2018年上半期のレクサス世界販売が過去最高を記録。販売台数32.8万台(+7%)の立役者は?

レクサスの2018年1~6月の全世界販売実績が32.8万台(前年同期比+7%増)と、上半期として過去最高を記録したそうです。

昨年10月にフルモデルチェンジした新型「LS」や、12月に発売した「RX350L」、「RX450hL」が好評だったそうで、日本や中国では「LS」や「NX」の販売が好調に推移した模様。

日本:約3.3万台(前年比 50%増)
東アジア:約1.6万台(前年比 21%増)
中国:約6.9万台(前年比 14%増)香港を含む
欧州:約3.9万台(前年比 7%増)
北米:約14.7万台(前年比 ±0%)
中近東:約1.5万台(前年比 13%減)

レクサス インターナショナルの澤プレジデントは販売好調を受け、今後もお客様の期待を超えるクルマづくりを目指し、今秋には「UX」をラインナップに加えるなど、ラグジュアリーライフスタイルブランドとして更なる挑戦に取り組んで行く考えを示しています。

Avanti Yasunori・画像:LEXUS)

【関連記事】

次期トヨタ「スープラ」の開発に込めた多田チーフエンジニアの想いとは?
https://clicccar.com/2018/07/30/613666/

トヨタ自動車が「カローラ スポーツ」、新型「クラウン」の受注状況を公表
https://clicccar.com/2018/07/27/612637/

中国・欧州向けのハイブリッド需要増大で、トヨタがバッテリー生産設備を増強
https://clicccar.com/2018/07/11/607824/

トヨタが7月12日 英グッドウッド・フェスティバルで「新型スープラ」公開!
https://clicccar.com/2018/07/08/607160/

7代目「レクサス ES」、静粛性・走りを一新していよいよ今秋日本導入!
https://clicccar.com/2018/07/03/605453/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事