【新型マツダ・アテンザ試乗】インテリアはモデルチェンジ並みに変更。エンジンも性格が変わった印象をもつほどの深化

2012年の登場から6年を経過して、マツダ・アテンザに大幅な改良が施されました。

外観ではフロントのヘッドライトがよりシャープな顔つきになり、グリルの内部造形変更やその周囲のクロームふち取り追加が行われています。

テールライトのグラフィックも変更されました。

インテリアに関してはマイナーチェンジでここまでやる!?というぐらい大きな変革が施されています。インパネのエア吹き出し口位置を全体に下げつつ、インパネとセンターコンソール部分の大半を変更して大きく異なる見た目となっています。

 

シートも高反発ウレタンを新採用して、体に吸い付くようにフィットするものとなりました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事