マツダの「常に最新モデルに乗ってもらう」商品改良で大人の色気を手にしたアテンザ

2016年7月14日のアクセラ、8月25日のアテンザ、10月14日のデミオ/CX-3と、3カ月で4車種に新技術を投入しているマツダ。ビッグマイナーチェンジやフルモデルチェンジといった機会に限定するのではなく、絶えず旬のモデルを店舗に並べるという、いわば年次改良に近いカタチといえるものでしょう。

20160913Atenza MC Shijo_041

「イヤーモデル」制というべき手法を採る輸入車は多いものの、日本勢ではマツダやスバルくらいという少数派になっています。マツダは「常に最新モデルに乗ってもらう」という戦略を採っていくそうです。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事