【#スバコミ SUBARU MOTOR SPORT 応援プロジェクト】Vol.4 全日本ラリー選手権・嬬恋 観戦レポート

国内最高峰のモータースポーツ選手権である「全日本ラリー選手権 第5戦 モントレー2018 in嬬恋」が、6月9日(土)〜10日(日)に群馬県嬬恋村にて開催されました。

筆者・今泉はラリー初観戦!ラリー2日目の10日に行ってきました。前日は日差しが強く暑いくらいの陽気だったそうですが、10日は朝から雨や霧が会場を包み込んでいました。

それでも、会場には選手を応援するファンの皆さんの姿がたくさんありました。

#スバコミブースでは、クルマのキーを見せるとコーヒーやお茶をもらえるサービスやグッズ販売のほか、雨風をしのげて休憩をとれるテントとテーブル&イスが設置されており、悪天候の中、多くのファンの方が利用していました。筆者も濡れた体を休めつつ、暖かいコーヒーをいただき、ホッと一息つくことができました。

また、ハッシュタグ「#スバコミ応プロ」を入れた記事をtwitterやInstagramに投稿すると、スバルの応援手旗をもらえ、応援に華を添えてくれます。

ラリーの楽しみはなんといっても、目の前でサービスパークの様子を見られること!普段目にすることのないサービス作業風景を間近で見ることができ、選ばれたメカニックさんたちの手際の良さを改めて感じることができました。

タイヤを外して装着するまでの時間は、体感で数十秒か1分ほど。ドライバーを支える裏方のお仕事も大切な存在です。このサービスパークを見学するツアーが実施され、いつサービスパークに車両が入ってくるかなどのタイムスケジュールを教えてくれるので、見逃す心配もありませんでした。

実際に戦っているマシンとドライバーの姿を目の前で見られるなんて、なんて贅沢っ!

自分の真横を整備されたマシンが通り過ぎていきます。これもラリーならではですね。一緒にツアーに参加されたファンの皆さんも、写真を撮ったりするなど、楽しんでいました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事