世界最速の7シーターSUV、「コディアック RS」市販型をキャッチ

チェコの自動車メーカー・シュコダが発売するクロスオーバーSUV「コディアック」に設定されるハードコアモデル、「コディアックRS」市販型プロトタイプをスクープしました。

先日、「コディアックRS」はニュルブルクリンクで9分29秒84というレコードを達成しましたが、これは「世界最速7シーターSUV」の記録ということです。スーパーカーの記録を見てきた人にとってはさほど驚くべき数値ではないですが、フルサイズSUVとしては圧倒的です。

キャッチしたプロトタイプは、バンパーにテーブが貼られただけのほぼフルヌードで、その下には大口エアインテークの輪郭が見えるほか、20インチホイールや大径ツインエキゾーストパイプも確認できます。ニュルで走行したプロトタイプとはフロントバンパーのデザインが異なり、この開発車両が市販型最終デザインとなります。

パワートレインは、VW「パサート」から流用される2リットル直列4気筒ツインターボディーゼル「BiTDi」エンジンで、最高出力は240ps、最大トルク500Nmを発揮し、7速デュアル・クラッチトランスミッションを搭載します。

ワールドプレミは、10月のパリモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツの最高級SUV「GLS」次期型にSクラスから豪華装備を移植した市販型をキャッチ!
ベイビー・マセラティが来る!? フェラーリ製V6搭載で2020年デビューへ
流出したBMWのフラッグシップSUV「X7」の特許画像からスペックを大胆予想
ニュルを走る謎の鉄仮面。徹底的に擬装されたスポーツ・サルーンの正体を暴く
フェラーリが700万円で買える!? ハッチバックモデル発売の可能性を探る