【試乗】新型フォレスターを乗り心地に振ったセッティングを可能にした「SUBARU GLOBAL PLATFORM」

新型フォレスターの旧型と新型を同じクローズコースで乗り比べることができました。新型の利点は「SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)」という最新世代のプラットフォームを得たことで、大小多様なコーナーが続くコースでは、ロール剛性の高さを実感できます。

旧型と同じくらいの速度でコーナーに侵入しても、ボディの安定感が高い上にサスペンションの動きがスムーズで、路面の追従性が高くなっています。よりナチュラルで、ドライバーの意図に沿ったコーナリングがしやすく、舵角が一発で決まりやすく、修正舵を当てる必要性が減る感じが顕著ですから、ドライバーはより楽に運転できるはず。

また、SUBARU車に限らないかもしれませんが、登場したばかりのホヤホヤの新型車(SUBARUの場合は、A型)は、ハンドリングに注力すると、乗り心地が硬めというケースもよくあります。

ところが、新型フォレスターの場合は「SGP」の採用によりサスペンションの設定を乗り心地重視に振ることができたそうで、路面の凹凸(入力の大小)に関わらず、しなやかに「いなす」感じが先代よりも増している印象。

ただし、今回の試乗は、本来は自転車用のクローズコースのため、一般道と同じように語ることはできませんし、乗り心地の評価には向きませんが、先代と比べるとフロアを小さく揺らすような微振動もよく抑えられていました。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、SUBARU)

『SUBARU・フォレスター』の最新記事
室内の広さや荷室の使い勝手を徹底比較! 軍配が上がったのはどちら?【RAV4vsフォレスター比較試乗・その2】
STIのパーツを装着したフォレスターは、ボクササイズの鍛錬を積んだようなしなやかさが魅力
STIフォレスター 走り
「体幹チューニング」によって引き締められたボディは路面がわかるセッティング【フォレスターXブレイクSTIパフォーマンスパーツ装着車】
SUBARUフォレスターが「衝突安全性能評価大賞」と予防安全性能評価で「ASV+++」を獲得【2018年度自動車アセスメント】
ディスカバー ハイブリッド! SUBARUのe-BOXER搭載モデルが欧州デビュー【ジュネーブモーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事