【試乗】新型フォレスターを乗り心地に振ったセッティングを可能にした「SUBARU GLOBAL PLATFORM」

新型フォレスターの旧型と新型を同じクローズコースで乗り比べることができました。新型の利点は「SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)」という最新世代のプラットフォームを得たことで、大小多様なコーナーが続くコースでは、ロール剛性の高さを実感できます。

旧型と同じくらいの速度でコーナーに侵入しても、ボディの安定感が高い上にサスペンションの動きがスムーズで、路面の追従性が高くなっています。よりナチュラルで、ドライバーの意図に沿ったコーナリングがしやすく、舵角が一発で決まりやすく、修正舵を当てる必要性が減る感じが顕著ですから、ドライバーはより楽に運転できるはず。

また、SUBARU車に限らないかもしれませんが、登場したばかりのホヤホヤの新型車(SUBARUの場合は、A型)は、ハンドリングに注力すると、乗り心地が硬めというケースもよくあります。

ところが、新型フォレスターの場合は「SGP」の採用によりサスペンションの設定を乗り心地重視に振ることができたそうで、路面の凹凸(入力の大小)に関わらず、しなやかに「いなす」感じが先代よりも増している印象。

ただし、今回の試乗は、本来は自転車用のクローズコースのため、一般道と同じように語ることはできませんし、乗り心地の評価には向きませんが、先代と比べるとフロアを小さく揺らすような微振動もよく抑えられていました。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、SUBARU)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。