新型フォレスターの「e-BOXER」って何がすごいの? ディーラーに出かける前に知っておこう

人気SUVのスバル新型フォレスターが、2018年7月に発売されました。

2.5L直噴NA・水平対向DOHCとともに、パワートレインの目玉として設定されているハイブリッドシステム「e-BOXER」に注目してみました。多種多様のハイブリッドシステムの中で、スバルの「e-BOXER」は、どのようなシステムで、どんな特徴があるのでしょうか。

トヨタのプリウス以降、さまざまなハイブリッドシステムが提案され、実用化されてきました。特徴ある、それでいて似通った多くのシステムがありますが、基本的には次の3つのグループに分けられます。

1)パラレル方式
エンジンとモーターを駆動力として使い分けるが、エンジンが主役で、モーターは補助的な役割。シンプルな構成で、比較的低コストなため、マイルドハイブリッドとして使う場合が多い。(代表例:ホンダ「IMA」、スズキ「S-エネチャージ」など)

2)シリーズ方式
エンジンはモーターの発電専用として使い、全域モーターで走行。エンジンの出力を常時電気エネルギーに変換するため、その分ロスが発生する。(代表例:日産「e-Power」など)

3)シリーズ・パラレル方式
パラレルとシリーズのいいとこどりのシステム。エンジンの出力を発電用と駆動用に使い分け、エンジンとモーターの駆動力を合成して走行。効率は高いが、システムが複雑でコストも高くなる。(代表例:プリウス「THS」、新型アコード「i-MMD」など)

どのシステムが優れているかではなく、クルマの車格やコンセプトによって、棲み分けられています。当面は、この3方式とも存続するでしょう。

『SUBARUフォレスター』の最新記事

【新車】居眠り防止だけじゃない! 新型フォレスターの「ドライバーモニタリングシステム」は何がスゴイ?
【試乗】新型フォレスターを乗り心地に振ったセッティングを可能にした「SUBARU GLOBAL PLATFORM」
【新車試乗】新型フォレスターの約4割を占める「e-BOXER」 約310万円は「買い」か、走りをチェック
【試乗】ターボ派の心をつかめるか? 新型フォレスターの2.5L NAエンジンをチェック
【新型フォレスター試乗】スバル独自のハイブリッド「e-BOXER」はバッテリーが大きく進化した

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事