レクサス「IS Fが復活か? V6ツインターボと10速ATを組み合わせた高性能スポーツセダンに期待

レクサスのスポーツセダン「IS」に設定されていた高性能モデル「IS F」が、新エンジンを搭載して復活する可能性があることがわかりました。

「IS」は2019年にもフルモデルチェンジの噂があり、その新型に「F」復活計画があるようです。「F」はトヨタF1の本拠地「富士スピードウェイ」および開発に携わる「東富士研究所」に由来する称号で、「IS」には、2007年から2014年まで設定され販売されていました。

2007年に発売された「IS F」は、レクサスのフラッグシップセダン「LS600h」に搭載されるV型8気筒「2UR-FSE」型エンジンをベースに、ヤマハ発動機と共同開発した「2UR-GSE」型エンジンを搭載。最高出力423ps、最大トルク505Nmを発揮しました。エクステリアは、300km/h以上の高速でも安定した走りを可能にし、強力なダウンフォースを生む「F」専用リアスポイラーなどのエアロパーツを装着していました。

新型では現行「LS」に搭載されている3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は422psを発揮。10速ATと組み合わされると予想されています。また大径ホイール、大型ブレーキキャリパー、そして専用のサスペンションを持つ高性能モデルになると噂されています。

ライバルはBMW「M」やメルセデス「AMG」などハイエンドモデルではなく、インフィニティ「Q50レッドスポーツ」やジャガー「XE S」などのスポーツセダンになるだろうと予測されます。2019年にも「IS」新型が発売されれば、「IS F」は2020年にも登場すると思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW X6の次世代型を初スクープ 波打つテールライトなどでスポーティ感を演出
初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事