ブリヂストンを代表する高級タイヤの「REGNO(レグノ)」が新型センチュリーに新車装着用タイヤとして採用

ブリヂストンは、6月22日に発売された新型トヨタ・センチュリーのOEタイヤ(新車装着用タイヤ)として「REGNO(レグノ)」を納入すると発表しました。タイヤサイズは225/55R18 98H。

今回、装着される「レグノGR001」は、従来の「レグノ」搭載技術に加えて、路面からの入力を低減する専用のピンサイプ技術などを採用することで、新型トヨタ・センチュリーの特徴である、極めて高い静粛性と乗り心地の実現に貢献するとしています。

「レグノ」は、静粛性や乗り心地のみならず直進安定性能やドライ性能、ウェット性能など、タイヤに求められるあらゆる性能を高次元でバランスさせ、1981年の発売以来、35年以上に渡ってユーザーから高い評価を獲得。ブリヂストンを代表するプレミアムタイヤという地位を築いています。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事