ポルシェ・911次世代型は「カレラ」と「ターボ」にPHEVが設定される?

次世代型へのシフトが迫るポルシェ・911ですが、新型に設定が予想されるPHEVに関する最新情報、および「911ターボ」レンダリングCGを入手しました。

「911カレラ」には、「カイエンSEハイブリッド」に近いプラグインハイブリッドを搭載し、最高出力は420ps程度が予想されるようです。また「911ターボ」には、「パナメーラ ターボSEハイブリッド」の電気モーターを合わせた最高出力700ps程度のプラグインハイブリッドが予想されています。0-100km/h加速は3.3秒、電気モーターのみで走行する「Eモード」では最大航続距離60kmを目指しているようです。

ターボの予想CGでは、フロントバンパーのスクエアなエアインテークや、ボンネットにはエアスクープを備えるほか、サイドのエアインレットやリアウィングが拡大されています。新型では、アルミニウムと高強度スチールを使用する最新世代の「MMB」プラットフォームを採用し、トレッドの拡大が図られます。

オリバー・ブルーメCEOの声明によると、現在開発は途中であり、次世代型のフェイスリフトまで時間がかかると言います。「911」次期型が2018年内に登場した場合、PHEVは2021年頃の登場となるはずです。911のプラグインハイブリッド化は、ポルシェの歴史を大きく変えるはずです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型マツダ・アクセラは「SKYACTIV-X」搭載で11月デビュー!?
ポルシェ・マカン改良型、新フロントマスク&予想パワートレイン公開!今秋にも登場
フェラーリの2019年に注目!初のSUVと豪華スパイダーを計画中?
次はカブリオレだ!BMW・8シリーズ 派生モデルのホワイトボディをキャッチ
伝説が復活!アストンマーティン「DBS」にオープンモデルを設定へ

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事