アルファード/ヴェルファイアの勢力図がマイナーチェンジで逆転? 中古車市場にも変化あり!

大きなミニバンから新時代の高級車へと進化したトヨタのLLサイズミニバン、アルファード/ヴェルファイア。2017年12月に行ったマイナーチェンジ以降、人気が逆転し勢力図が変わっています。

現行型のアルファード/ヴェルファイアは2015年1月に登場し、2017年12月に初のマイナーチェンジを行いました。内外装の意匠変更をはじめ、豪華仕様のエグゼクティブラウンジをエアロ系モデルに追加。さらに、第2世代へ進化した予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」の全モデル展開など盛りだくさんの内容です。

このマイナーチェンジによって変化が起きました。それまではヴェルファイアがアルファードより人気が上回っていたのですが、マイナーチェンジを機に逆転してしまったのです。

現行型アルファード/ヴェルファイアが登場した2015年以降、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会のデータによると、新車登録台数は2015年がアルファード4万4366台に対して、ヴェルファイア5万4180台。2016年はアルファード3万7069台、ヴェルファイア4万8982台。2017年がアルファード4万2281台、ヴェルファイア4万6399台と常にヴェルファイアが上回ってきました。

この傾向が、3月にはアルファード7246台、ヴェルファイア5484台と逆転しました。これは営業マンが頑張った一過性のものかと思っていたら、4月も4681台と2743台、5月は3810台と2856台とアルファードが上回り続けているのです。これはもう勢力図が変わったと言えない状況です。