スペイン初の電動モデルはセアトから!「レオン」ハッチバック次世代型出現

スペインのセアトが発売する5ドアハッチバック「レオン」次世代型のテストミュールを初めてカメラが捉えました。

「レオン」は1998年に初代が誕生、VWの「Aプラットフォーム」を採用する「ゴルフ」の兄弟車として誕生しました。名前の由来は、スペイン北部、カンタブリカ山脈のふもとの都市「レオン」から取られています。現行モデルは、2012年に発売されており、7年振りのフルモデルチェンジとなります。

今回捉えた開発車両は「セアトST」(ワゴン)現行型のテストミュールのため、デザインのディテールは不明ですが、次期型ではVWグループの最新世代「MQB」プラットフォームを採用。ホイールベースを延長し、「ゴルフ」次期型とも兄弟になります。次期型では3ドアモデルを廃止し、5ドアハッチバックとSTの設定が有力とされています。

キャビン内では、最新世代のインフォテイメントシステムを搭載し、無線ネットワークによるアップデート機能を備えるといいます。ガソリンモデルのハッチバックは、2019年に登場が予定されています。また、セアトはクロスオーバーSUV、『アテカ』よりさらにコンパクトな「レオンSUV」も計画しているといるようです。

次期型パワートレインは、新たに1リットル直列3気筒エンジンを設定するほか、1.5リットルガソリンエンジンや1.6リットルディーゼルエンジンをラインアップします。ハイライトは、スペインブランド初となる48Vプラグインハイブリッドモデルです。2020年に登場が期待されるこのモデルは、電力のみで50kmの走行を実現するとレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型マツダ・アクセラは「SKYACTIV-X」搭載で11月デビュー!?
ポルシェ・マカン改良型、新フロントマスク&予想パワートレイン公開!今秋にも登場
フェラーリの2019年に注目!初のSUVと豪華スパイダーを計画中?
次はカブリオレだ!BMW・8シリーズ 派生モデルのホワイトボディをキャッチ
伝説が復活!アストンマーティン「DBS」にオープンモデルを設定へ

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事