日産自動車、自動運転技術「プロパイロット」搭載車を4年後に100万台/年販売へ

2016年、主力ミニバン「セレナ」に高速道路の同一車線を一定条件で自動走行する技術「プロパイロット」を初搭載した日産自動車。

自動運転技術の定義で「レベル2」に相当するもので、2017年にはEV「リーフ」に搭載され、日本だけでなく欧米でも販売を開始。さらに2018年3月に「インフィニティ」のSUV「QX50」にも「プロパイロット」を搭載するなど、現在までに計5車種に搭載し、累計12万台を販売しています。

日経新聞によると、2018年秋にはアルティマに搭載して米国で売り出すそうで、2018年後半にはキャシュカイ(日本名:デュアリス)に搭載してカナダと米国でも発売する計画。

「プロパイロット」は悪天候や渋滞でもリラックスして運転できるのが特徴で、1年以内に高速道路の複数車線で自動で車線変更が可能になるそうです。

日産は2022年までに「プロパイロット」搭載車20車種を20市場で発売、100万台/年の販売を目指す考え。

一方、ルノー・日産・三菱アライアンスでは、ドライバーが運転に関与しない「完全自動運転車」の実現を目標としており、トヨタも含め国内自動車大手では「電動化」と共に、「自動運転技術」が着実に進展しようとしています。

Avanti Yasunori・画像:NISSAN)

【関連記事】

米・アップルがVWのミニバン「T6」ベースの電動自動運転車開発で協業へ
https://clicccar.com/2018/05/28/593819/

2030年代に「完全自動運転」社会へ。欧州委員会が実現に向けた工程表を発表
https://clicccar.com/2018/05/20/591373/

トヨタが自動運転用「AI」開発に4億円出資!画像解析でアルベルト社と提携
https://clicccar.com/2018/05/17/590263/

トヨタが「事故が起こりやすい状況」で試験できる自動運転車用のテストコースを米国に建設
https://clicccar.com/2018/05/07/587301/

ホンダ、米「ウェイモ」社との自動運転システム共同開発で提携間近か?
https://clicccar.com/2018/04/04/574985/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事