ブリヂストン「ポテンザ S001」が「S007A」に進化。ドライ性能とウェット性能を向上させ、コンフォート性にも配慮

ブリヂストンの最上級モデル「POTENZA(ポテンザ)S001」は、ハードな走行を前提としたスポーツ系タイヤとして高い評価を集めていました。2018年7月1日、プレミアムスポーツタイヤの新しい最上級モデルとなる「ポテンザ S007A」が登場します。

発売サイズは16~21インチの80サイズ。全てメーカー希望小売価格が設定されています。今回発表された「ポテンザ S007A」は、運動性能を重視する数々のハイパフォーマンスカーにOEタイヤ(新車時に装着されている純正タイヤ)として採用されているほか、市販用タイヤとしてもグローバル展開されている「ポテンザ S001」の後継商品。

ポテンザの特徴であるドライ性能を更に向上させるとともに、「S001」で一部から指摘されることもあったウェット性能、そして快適な乗り味に寄与するコンフォート性にも配慮されたそうです。また、当社のグローバル商品として日本をはじめ、北米・アジア各国でも順次販売されます。

「S001」から定評のあったドライ性能は、高剛性ハンドリングシートをはじめ「S007A」専用サイド補強や専用コンパウンドを採用することにより、ドライ路面でのハンドリング性能の向上を実現。

ウェット性能も向上。専用コンパウンド、マルチラウンドブロックにより、濡れた路面でのブレーキング性能の向上を果たしたとしています。

コンフォート性については、周方向のブロック配列を最適化することで、パタンノイズを抑制。スポーティな走りを損なうことなく、ハイパフォーマンスカーにふさわしい性能が得られたそうです。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事