【新型カローラ ハッチバック(仮称)試乗】6MT仕様は変速時のブリッピングコントロールを採用し、4輪独立サスも好印象。スポーツ走行が楽しい!

新型カローラ ハッチバック(仮称)はディーラーから納車された状態でそのままサーキットに直行しても楽しめます!

 

6月下旬に正式発表予定の12代目カローラのハッチバック(仮称)は、TNGAプラットフォームを採用した5ドア+ハッチのモデル。パワーユニットには1.8Lエンジン&モーターのハイブリッド(HV)と、1.2Lガソリンターボエンジンが用意されます。

 

トランスミッションは、HVがプリウス等でおなじみの電気式無段変速機(CVT)、ガソリンエンジンにはCVTのほか、6MTも用意されます。

この6MTは『iMT』という名称が付けられた新設計のもの。切替式の走行モードを『スポーツ+』に設定しておくと、シフトチェンジ時に自動でアクセルを開閉して(中吹かしを入れる感じ)、スムーズに変速してくれます。

 

またサスペンションも見もの。フロントはコンベンショナルなストラット式ですが、リヤにはダブルウィッシュボーンをおごっています。

さらにダンパーには、新開発の超微速域から精密作動させるための専用新設計オイル等の新アイテムが投入されました。また、グレードによってはAVSというアダプティブ・バリアブル・サスペンション・システムが選択可能……と、なんだか今回のカローラハッチバック(仮称)は走りに命をかけた感が満載です。

というわけで早速試乗してみました。

今回乗ったのはプロトタイプの1.2Lターボ。AVS付きの6MT車です。コースは富士スピードウェイのショートコース。走り始めてすぐ、はっとするほどボディ剛性が高く、足が微細に動いていることが感じられます。路面がいい分を差し引いても、とにかく滑らかなのです。

評論家の諸星陽一さんによれば「クラッチとシフトのフィールは非常に良好」とのこと。

また、スポーツ+モードにすると作動する「アクセルの中吹かし」機能は完璧といえる仕事をしてくれます。たとえば減速時、意図的に回転を合わさずにシフトダウンしても「フォーン!」ときれいに回転をあげてつないでいくといった具合です。

コーナリング時の特性についても「ハンドリングは軽快でありながら正確。ステアリングをスッと切ればそのままスーっとノーズが入ってくれる。独立式のリヤサスがいい動きに貢献してますね」とのこと。またエンジン自体も、ダウンサイジングターボらしからぬ高回転での元気の良さを見せてくれました。

この記事の著者

ウナ丼

ウナ丼 近影
動画取材&編集、ライターをしています。車歴はシティ・ターボIIに始まり初代パンダ、ビートやキャトルに2CVなど。全部すげえ中古で大変な目に遭いました。現在はBMWの1シリーズ(F20)。知人からは無難と言われますが当人は「乗って楽しいのに壊れないなんて!」と感嘆の日々。『STRUT/エンスーCARガイド』という名前の書籍出版社代表もしています。最近の刊行はサンバーやジムニー、S660関連など。