【新車】トヨタ・ヴィッツが昼間の歩行者も検知する「プリクラッシュセーフティ」を採用

2018年5月31日、トヨタ・ヴィッツが一部改良を受けました。衝突回避支援の「Toyota Safety Sense」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」が採用されています。

さらに、駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に対応する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たにオプション設定。これにより「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」装着車は、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の「ワイド」になりました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事