クーペより刺激的!? BMWの新型SUV「X2」、カブリオレを開発中

日本で発表されたばかりのBMW最小クーペSUV『X2』に、カブリオレが設定される可能性が高いことが分かりました。

最新情報と共に入手したレンダリングCGからは、ベースモデルよりシェイプされたヘッドライト、拡大された空気口などアグレッシブな専用デザインが与えられていることが確認できます。

ライバルはランドローバー・レンジローバー「イヴォーク コンバーチブル」です。「イヴォーク」がソフトトップなのに対し、「X2」はリトラクタブル・ハードトップが予想され、差別化を図るようです。

パワートレインは、アイシン製8速ステップトロニックまたは7速DCTと組み合わされる、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンのラインアップが予想されます。

また、最高出力300psを発揮する2リットル直列4気筒「B48」エンジンのアップグレード版搭載モデル『X2 M35i カブリオレ』の投入も注目です。そのほか、パフォーマンス志向の「M」モデルなど、今後のバリエーションにも期待がかかります。

「X2 カブリオレ」の発売は2020年以降となるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」
後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事