【新車】日産のEVバン「e-NV200」はバッテリーを大きくして航続距離300kmを実現

商用車も用意する日産の電気自動車「e-NV200」がバッテリー電力量を増やすなど進化しました。ポイントは、40kWhの大容量バッテリー採用とバッテリー保証を8年16万kmへ延長したことです。

バッテリーの総電力量を増やしたことにより航続可能距離(JC08モード)は300kmとなりました。さらにパワープラグ(コンセント)の使用時間が約15時間へと倍増しています(1000W時)。

さらに車載充電器をアップデートすることで、普通充電でも約8時間で満充電にすることが可能となっているのも見逃せません。なお、急速充電では約40分で80%までの充電が可能ということです。

 

 

メーカー希望小売価格は、商用バンが395万4960円~405万4320円。乗用ワゴンは5人乗りが460万800円、7人乗りが476万2800円となっています。なお受注は開始されていますが、発売は2018年12月の予定です。

(山本晋也)

『日産自動車』の最新記事

次期型Zには快適性の改善が必須、Zが生き残る戦略とは?【フェアレディZ ヘリテージエディション試乗・後編】
国産スペシャリティカーを保有するとどんな満足感を得られるのか?【フェアレディZ ヘリテージエディション試乗・前編】
【エクストレイル・ハイブリッド試乗】日産SUVの稼ぎ頭の現行モデルから、次期モデルの姿に想いを馳せる
【エクストレイル・ハイブリッド試乗】モデル末期といえど、国産SUVのベンチマークとして未だに戦える理由とは?
ルノー・日産・三菱アライアンスがコネクテッド戦略を発表。パートナーとしてグーグルと提携

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事