【新車】日産のEVバン「e-NV200」はバッテリーを大きくして航続距離300kmを実現

商用車も用意する日産の電気自動車「e-NV200」がバッテリー電力量を増やすなど進化しました。ポイントは、40kWhの大容量バッテリー採用とバッテリー保証を8年16万kmへ延長したことです。

バッテリーの総電力量を増やしたことにより航続可能距離(JC08モード)は300kmとなりました。さらにパワープラグ(コンセント)の使用時間が約15時間へと倍増しています(1000W時)。

さらに車載充電器をアップデートすることで、普通充電でも約8時間で満充電にすることが可能となっているのも見逃せません。なお、急速充電では約40分で80%までの充電が可能ということです。

 

 

メーカー希望小売価格は、商用バンが395万4960円~405万4320円。乗用ワゴンは5人乗りが460万800円、7人乗りが476万2800円となっています。なお受注は開始されていますが、発売は2018年12月の予定です。

(山本晋也)

『日産自動車』の最新記事

映画「ドライブヘッド〜トミカハイパーレスキュー 機動救急警察〜」に登場する日産・GT-Rが特別展示中!
「GT-R」を何の制約も無く作ったらこうなる!日産がイタルデザインと開発
日産自動車が「プロパイロット」搭載モデルの拡大を宣言。自動運転の普及を目指す
「おもいやりライト」は2018年度も全力投球。最初のイベントは5月10日夕方に開催!
日産自動車の電気自動車「リーフ」が日本国内の累計販売10万台を達成

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事