「時は来た!」大逆転のダニエル・リカルドが「シューイ」を披露!【2018年F1第3戦中国GP】

2018年F1第3戦・中国GPが上海インターナショナル・サーキット(5.451 km、周回数56周)で開催されました。

「世界一のファン」と言われる日本GPと同じくらい、オリジナル応援グッズで盛り上がりをみせている中国GP。ドライバー応援席なのか、巨大フラッグや国旗がずらりと並んだりと、とにかく団結力が凄い! 若い世代のファンも多く見られます。

そんな勢いのある中国GPでポールポジションを獲得したのは、開幕戦から絶好調のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。2番手はチームメイトのキミ・ライコネン、3番手に100戦目のグランプリとなるバルテリ・ボッタス(メルセデス)が続きました。

たくさんのファンが見守る中、中国GPがスタート! スタート加速が良かったライコネンにポジションを奪われないよう、ベッテルはターン1のアウトから被せて首位を守ります。「チームメイト同士でやめて~!」とヒヤヒヤしながら見ていると、そのすきにボッタスがライコネンをパス。2番手に浮上しました。

さらにマックス・フェルスタッペン(レッドブル)もこの混乱を利用し、ライコネンをオーバーテイク。5番手から3番手にポジションを上げました。

レースは順調に進み17周目、上位勢で最初にタイヤ交換をしたのはフェルスタッペン。ウルトラソフトタイヤからミディアムタイヤに履き替えます。

そしてそのすぐ直後、チームメイトのダニエル・リカルドもピットイン。プロフェッショナルな作業で、2台同一ラップでタイヤ交換を終えたレッドブルチームがかっこよすぎるっ!

18周目「ライコネンと逆のことをやるよ!」とチーム無線がとび、ミディアムタイヤに交換したハミルトン。一体どのような作戦にでるのでしょうか。その翌周、チームメイトのボッタスもミディアムタイヤに履き替えます。

20周目ベッテルがミディアムタイヤに履き替えコースに復帰すると、2番手のボッタスがベッテルの前に! アンダーカット成功です。これにより首位ボッタス、2位ベッテルに順位が入れ替わりました。

上位勢でタイヤ交換をせず首位を走行していたライコネンを、26周目のターン3でボッタスがインを突いてオーバーテイク。そのすぐ後ろにいたベッテルも、ターン6でライコネンをパスしボッタスにしかけますが抜けません。

そして28周目、ライコネンがミディアムタイヤに交換。6位まで順位を下げてしまいました。先にタイヤ交換をしたボッタス、ベッテル、ハミルトンがもう一度タイヤ交換をするかが鍵になってきそうです。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事