今秋公開へ…BMW M8は全4モデルでスタンバイ!

BMW「8シリーズ」の頂点に君臨する「M8 クーペ」最新プロトタイプの撮影に成功しました。

「M8」には、「FIA WEC」に参戦するレーシングカーの「M8 GTE」、及びジュネーブモーターショーで公開された4ドアの「グランクーペ」が存在していますが、2018年には「M8クーペ」、2019年に「M8カブリオレ」の公開を予定しており、全4バージョンのラインアップが確実視されています。

今回捉えた最新開発車両は、ミシュランの265/40R19のタイヤを履いており、カーボンセラミックブレーキを装備しています。また、スポーティなLEDデイタイムランニングライトやハニカムメッシュのエアインテーク、クワッドエキゾーストパイプは「グランクーペ」と同じデザインが見て取れます。テールライトには、OLED(有機LED)の採用も噂されているようです。

パワートレインは『M5』に搭載されている4.4リットルV型8気筒エンジンをブーストアップし、最高出力は625psへ高められると予想されます。またハイエンドモデルには、「xDrive」を搭載する6.6リットルV12型スーパーチャージドエンジンが期待されます。

ワールドプレミアは、2018年秋が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ポルシェ・718ケイマンに軽量モデル「T」が初設定へ! 開発車両をキャッチ
メルセデス・ベンツ「ベイビーGクラス」のMBUX搭載コックピットを撮影成功。発売は2020年か?
このスポイラーは超高性能モデルの証!? BMW M5に「CS」設定へ
VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事