フィアット500Xに初の改良型登場! 新開発8速ATが走りを変える!!

フィアットのコンパクト・クロスオーバーSUV「500X」初の改良型プロトタイプを、フィンランド北部の市街地でキャッチしましした。

捉えたテスト車両はヘッドライト下に新グラフィックのデイタイムランニングライトを装備、バンパー及びエアインテークのデザインが刷新されます。またグリルやテールライトもリフレッシュされているようです。

室内では、7インチ高解像度タッチディスプレイを備えた「Uconnect」インフォテインメントシステムが引き続き搭載されますが、最新のステアリングホイールやゲージクラスターが装備される可能性が高いです。

パワートレインは9速ATが新開発8速ATに変わる可能性があり、2リットルターボエンジンと組み合わされます。近年、ATの多段化が流行していますが、これは大きなチャレンジと言えそうです。

ワールドプレミアは、早ければ今年の夏と予想されていますが、遅くとも年内には行われるでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事