【週刊クルマのミライ】外観だけじゃない。インテリアから探る、SUBARUのコンセプトカーが示す「未来」

2018年3月30日から4月7日まで、東京・恵比寿にあるSUBARU本社の入っているビル1階にあるスバルスタースクエアにおいて『SUBARU DESIGN MUSEUM ~ 進化する、SUBARU独自のデザインの現場展 ~』というイベントが開催されています。

デザインを象徴する存在、コンセプトカーが4台も展示されているという贅沢なイベントですが、2018年3月のジュネーブショーで世界初公開されたばかりの最新コンセプトカー「VIZIV TOURER CONCEPT」が展示されているというのは驚き。その横には、兄弟的なつながりを感じさせる「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」(2017年・東京モーターショーにてデビュー)も並べられています。

さらに奥に進むと、現代のSUBARUを支えるSUVシリーズのコンセプトである「VIZIV FUTURE CONCEPT」と「VIZIV 2 CONCEPT」がドアを開けた状態で展示されています。前者は2015年東京モーターショー、後者は2014年ジュネーブショーで初公開されたコンセプトカー。つまり、このイベントでは新旧のジュネーブショー&東京モーターショーで初公開されたショーモデルが並んでいるというわけです。

現行SUBARU XVのデザインを示唆していたVIZIV 2 CONCEPTと、先日のニューヨークオートショーでワールドプレミアを飾った新型フォレスターにつながったといえるVIZIV FUTURE CONCEPTについては、それぞれドアが開放され、インテリアをアピールしていたのには、もちろん狙いがあります。