【新車】新生活におすすめの最新モデル5車種【2018年版】

就職や転勤などによって始まる新生活。新しい人生の一歩を踏み出すタイミングにパートナーであるクルマもリフレッシュすれば気分も一新するはず。

そこで気分一新にちなんで、最近、登場したばかりの新型車や世代交代のフルモデルチェンジ、そして商品力をアップさせたマイナーチェンジを行った最新モデルを5台紹介します。

■スズキ・クロスビー

2017年12月に発売したスズキ・クロスビーは、使いやすくて広い室内空間が特徴のハイトワゴンとSUVの楽しさを融合させたクロスオーバーモデルです。

軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォームを採用。パワートレインは1L直3直噴ターボエンジンにモーター機能付き発電機を組み合わせたマイルドハイブリッドを搭載。組み合わされるミッションは6 速ATで、JC08モード燃費は20.6~22.0km/Lを実現しています。

駆動方式はFFと4WDを設定し、4WDシステムはスポーツモードとスノーモードの2つのモードを追加した本格派です。安全装備は単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせたデュアルセンサーブレーキサポートをはじめ、ヘッドライトのハイとロービームを自動的に切り替えるハイビームアシスト。リアバンパーに内蔵した超音波センサーで、後方の障害物を検知する「後退時ブレーキサポート」を採用しています。

ラゲッジスペースに汚れに強い素材を採用するなど防汚性に優れアクティブなシーンで活躍するクロスビーの車両本体価格は176万5800円~214万5960円です。

■ホンダ・ヴェゼル

ホンダ・ヴェゼルは2013年12月に登場したコンパクトSUV。SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバン並の使い勝手などを癒合し、発売開始から4年で累計31.1万台を販売したヒットモデルです。

人気車種のヴェゼルは2018年2月にマイナーチェンジを行い、商品力を向上させています。今回のマイナーチェンジでは、外装のデザイン変更をはじめ、インテリアの質感向上とオーディオのスマートホンとの連携強化。ハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-DCD」にチューニングを施し、よりスムーズな加速性能の実現。そして先進の運転支援システム「ホンダセンシング」を全モデルに標準装備したことです。

制御が変更されたハイブリッド車に試乗しましたが、加速フィールがより滑らかになったことに加えて、ボディに追加された制振材によって、走行時の静粛性が向上しています。コンパクトSUVの中で高い走行性能と安全性能を両立したヴェゼルの車両本体価格は207万5000円~292万6000円となっています。

■三菱・エクリプスクロス

2018年3月1日にから販売開始した三菱・エクリプスクロスは、三菱自動車が久しぶりにリリースした新型車です。エクリプスクロスはスタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合させたコンパクトクーペSUVです。

搭載するエンジンは最高出力110kW(150ps)、最大トルク240Nmを発生する1.5L直4直噴ターボで、組み合わされるミッションは8速のスポーツモード付きのCVTです。駆動方式はFFと4WDを用意し、JC08モード燃費は14.0~15.0km/Lを実現しています。

4WDシステムはランエボ譲りの車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用し、高い走行性能を発揮します。安全装備は衝突被害軽減ブレーキをはじめとしたイーアシストと呼ばれる先進安全装備を標準装備。加えて、上級グレードにはレーダークルーズコントロールシステムを標準装備したエクリプスクロスの車両本体価格は253万2600円~309万5280円です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事