アルファード/ヴェルファイアに追いつけ!? メルセデス・ベンツ Vクラス新型に初の「MBUX」搭載?

メルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」フェイスリフトモデルの開発車両を初めてカメラが捉えました。

改良型で修正されるエクステリアは、ヘッドライトのグラフィック、バンパーのエアインテーク形状、そしてこの初期プロトタイプではまだ着手されていないですが、テールライトやリアバンパーもリフレッシュされるはずです。さらにフロントの偽装ネット越しに透けて見えるスリーポインテッド・スターのロゴが、大型化されているようです。

ハイライトは室内で、先日初公開された『Aクラス』にも採用される「MBUX」スマートマルチメディアシステムが搭載濃厚のようです。

ダッシュマウントされた2つのディスプレイのタッチスクリーンは、iPhoneのように滑らかな反応を見せ、主画面からはドライバーの好みを記憶した多数のコマンドを呼び出すことが可能となっています。この「MBUX」は「Vクラス」新型にメルセデス・ベンツの市販モデルとして初めて採用される可能性があります。

そのほか、トリム類の見直しもされ、一気に日本の高級ミニバンと同レベルの豪華装備とはならないまでも、今後徐々に近づいて行くはずです。

日本と欧州では、ミニバンへの意識が異なります。日本では近年、トヨタ『アルファード/ヴェルファイア』をはじめ日産『エルグランド』など、大型高級車的な捉え方をされるモデルも存在しますが、欧州では、未だ商用車的な見方をされている部分が多いようです。

そのため、国産高級ミニバンの豪華装備と比較するとどうしても劣ってしまいます。それはメルセデス・ベンツ『Vクラス』にも当てはまっています。しかし欧州でも、その意識も徐々に代わりつつありあるようです。

パワートレインは、160psを発揮する「220d」、187psを発揮する「250d」がキャリオーバーされる見込みで、燃費向上がなされる可能性もあるとレポートされています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?