ド派手なメルセデス・ベンツ AMG GTクーペ、雪煙の中を走り抜ける!

メルセデスAMGの新型4ドアサルーン「AMG GTクーペ」を再びキャッチしました。

最新プロトタイプは、ヘッドライトのアウトライン、パナメリカーナグリル、エアダクト、リアディフューザーやリアウィングなどが露出し、ほぼフルヌード状態です。またグリル下のエアインテークには縦スラットを採用し、かなりアグレッシブなフロントマスクが予想されます。

今回はホットロッド風ファイアーパターンというド派手ペイントの開発車両が、雪煙の中を走り抜ける姿を捉えています。

パワートレインは、『AMG E63 S』から流用する4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力600psを超えると思われます。

3月のジュネーブモーターショーでは、まずこのモデルの登場が予想されています。 さらに700ps程度を発揮する「S」モデル、また頂点には最高出力805ps程度を発揮する「EQ POWER+」ハイブリッドがラインアップされると思われますが、それらの登場は2019年以降に公開されるでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW X4_001
BMW X4大幅改良へ。大型ドットグリル装備車の正体は!?
メルセデス AMG SL63_006
次期ベンツSLの最新プロトをキャッチ。300SLデザイン継承へ! 2+2シートレイアウト採用の可能性も!?
ブガッティ新型ティザーイメージ_002
ブガッティ新型ハイパーカー「シロンSuper Sport 300+」、8.0リットルW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し1578psを発揮!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事