「GR」も登場か? トヨタ・オーリス後継モデルがスカンジナビアを走った

トヨタのコンパクト・ハッチバック「オーリス」後継モデルの開発車両が、摂氏マイナス20度のスカンジナビアを走りました。

夕暮れ時のアイスバーンを走る姿を撮影しており、3眼フルLEDヘッドライトやテールライトの新グラフィックが点灯しています。

パワーユニットは「C-HR」から流用する1.2リットル直列4気筒ターボエンジン、1.8リットル直列4気筒+モーターのハイブリッドです。また「GT」モデル、あるいは「GR」ブランドから高性能モデル発売の噂があり、最高出力は260ps程度を発揮すると予想されています。

次期型では、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用し、軽量化と居住空間の向上が図られます。またリアウィンドウを寝かせスポーティなスタイリングが確認できます。室内には、高精細の大型7インチカラー液晶画面を搭載し、直感的操作で行えるスイッチ類を配置したコックピットとなるとレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型「トヨタ・スープラ」にはモータースポーツ用ライトウェイトモデルも設定。公道仕様も開発中!?
新型・フェアレディZが開発中! コンセプトモデルが2019年東京モーターショーに登場の噂
新型ポルシェ・911、オレンジのプロトタイプも走った!「PCCB」装着モデルを発見
これぞ究極のMINI。300psを発揮する「JCW GPコンパクト」、600万円で市販か!?
X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用