ホンダ・シティのエンジンをミッドに積む!という壮大なる計画をやりました・その1【OPTION 1983年3月号より】

では、シティ・ターボ・ミッドシップ計画のアウトラインを説明しよう。第1段階は、横置きされたフロントの100ps・COMBAXエンジンとサスペンションを、そっくりそのままリヤに移植させようというわけだ。FF車をミッドシップ(正確にはリヤエンジンに近い)化する、簡単な方法だ。

しかし、これまでのチューニングカーと違って、サーキットも走れる本格派を目指したので、サスペンションのレイアウトを慎重にしなければならない。そこでOPTは、そのマシン製作をレース界で有名なノバ・エンジニアリングに依頼した。レーシングカーのノウハウを投入してもらうためである。ミッドシップ構想とレイアウトは、同じくノバの森脇基恭氏と、レーシングカー・デザイナーの舘内端氏の共同ということで、まとめてもらう。

目標はまともに走れる、コーナーをアタックできるという点だ。エンジンはノーマルですすめる。しかし、これはあくまでも第1段階で、次々にステップアップしていくのはいうまでもない。なお、パーツ供給は公認ボルトオン・ターボをアコードで開発した、パル・インターナショナルが応援してくれる。どこまで本物のミッドシップ・スポーツカーに迫れるか、期待して欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノバ猪瀬さん、森脇さん、そして館内さんというレース業界の重鎮を巻き込んでの、このシティ・ミッド化計画。さて、どう進んでいくのでしょうか!? そしてちゃんと走るのか!? お楽しみに!

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事