ついに600馬力へ!ポルシェ911ターボ次期型、完全な姿が見えてきた

ポルシェ「911」のハイスペックモデルである「911ターボ」次世代型プロトタイプをカメラが捉えました。最新開発車両では992世代へ移行する新ボディが見えてきています。

キャッチしたテスト車両は、コンパクトになったリアウィングを始め、スクエア・クワッドエキゾーストパイプ、エアアウトレット、ブリスターフェンダーが確認出来るほか、フロントには初採用のデュアル・LEDデイタイムランニングライトを装着しており、これらは市販型最終パーツと思われます。また、リアウィング・ハイマウントストップランプやストリップランプの点灯も初めて見て取れます。

室内コックピットには、刷新されるステアリングホイールやシフトレバー、アナログタコメーターとデジタルクラスタを備えるデュアル・デジタルディスプレイを装備します。また新世代の「モジュラー・スポーツカー・プラットフォーム」を採用、トレッドの拡大が予想されています。

パワートレインは、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は540psから600ps超えへ一気に高められるとするレポートが届いています。

ワールドプレミアは「911」新型が3月のジュネーブモーターショー、「ターボ」は早くとも2018年後半と予想されています。

(APOLLO)