コネクテッドカーの生み出す価値を示す有料WEBセミナー、2月20日に開催

自動運転・コネクテッドカー・次世代モビリティで、新たなビジネスモデルづくりとイノベーションを志す人たちのメディアプラットフォームとして2017年9月にスタートしたReVision Auto&Mobilityが、開催⽇時: 2018年2⽉20⽇(⽕)17:00〜18:30
に『コネクテッドカーが創り出す新たな「移動のカタチ」と「ユーザー体験」とは』をテーマにウェビナー(WEBセミナー)を開催します。

1月に開催された第1回ウェビナーでは自動車の電動化について安部 静生氏(トヨタ自動車パワートレーンカンパニー常務理事)と清水 和夫氏(自動車ジャーナリスト、SIP自動走行システム構成員、ReVision Auto&Mobility編集顧問)が登壇しています。

第2回となる今回は、三浦 修⼀郎⽒(⽇産⾃動⾞株式会社 アライアンスコネクテッドカー&モビリティサービス事業部サービスデリバリ&サポート管理部部⻑)と、ホンダにおいてインターナビ事業の立ち上げに関わった今井 武⽒(株式会社アマネク・テレマティクスデザイン 代表取締役CEO、⾃動⾞技術会フェロー)。

両氏によるプレゼンテーションやディスカッションに加え、オンラインセミナーの特性を活かした視聴者参加型のアンケートも実施するということです。

ReVision Auto&Mobilityのウェビナーを視聴するには、ReVision Premium Club(有料会員)に登録する必要があります。年会員の会費は6万8000円(税別)、月会員の会費は7000円(税別)となっています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事