ポルシェが次世代EVスーパーカープラットフォーム「SPE」開発か? ランボルギーニと夢のコラボ実現も

ポルシェが、EVスーパーカーに特化したプラットフォーム「SPE」を開発しているという情報を入手しました。VWグループの「MLB Evo」「MQB」に続く、次世代プラットフォームとして期待されているようです。

現在、ポルシェは『ミッションE』を開発中で、ランボルギーニは2017年11月に『テルツォ・ミッレニオ』コンセプト(写真)を発表しています。各ブランドがEVスーパーカーへ加速している中、「SPE」はその次の世代のモデルへの採用となります。また先日、アウディ『R8』の生産終了の可能性をお伝えしましたが、この次世代プラットフォームにより、復活の可能性もあるとレポートされています。

「SPE」は2025年以降のモデルに採用されると予想されており、「ポルシェ」「ランボルギーニ」「アウディ」が同プラットフォームを採用するEVスーパーカーを、それぞれのブランドから一斉に発表するという夢のプランも期待できるかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表
レクサス「IS Fが復活か? V6ツインターボと10速ATを組み合わせた高性能スポーツセダンに期待

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事