【東京オートサロン2018】全長7m!世界最長のヴェルファイア

国産最大クラスミニバンのヴェルファイアをストレッチ、全長7m!にした車両を発見しました。これは愛知のショップアクセルオートが作ったVICTREX LIMOUSINEというモデルです。

はたしてどうやって作っているのでしょう? 同店の村上慎二さんに聞いたところ、新車で買ってきて即、Bピラー部分でカットしたそうです。

間の部分はすべてスチールからワンオフで造形しているとのこと。別のヴェルファイアから流用したり、純正のボディパネルを追加購入してベースにするといったことはせずに作成されているとは驚きです。

これで伸びた長さは実に2m。これをすべて後席空間の拡大にアテています。気になる内部は、シート数はわずか4脚のみ! 2脚ずつが対面する形で設置されます。

運転席と後席を仕切る壁には巨大モニターもセットされて、まさに応接間といった雰囲気でした。

気になる取り回しですが村上さんによれば「ちょっと長いハイエースだと思えば楽勝です」とのことですが、本当!?

ちなみに同店では要望あればこのヴェルファイアはもちろん、様々な車両をベースにリムジンの製作が可能とのこと。「2m延長までならまず問題なくいけると思いますよ」(村上さん)。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事