【東京オートサロン2018】あのキャリーがコンセプトカーになった!3分で分かるTAS・メーカー編:スズキ

出展している自動車メーカーのブースの見どころを、超手短に紹介!時間のない人、気の短い人に最適?!

東館ホール7の右奥にあるのが、スズキのブースです。このブースでまず目を引くのは、3台のコンセプトカー達です。中央に位置するのがXBEE、ウィンタースポーツに行く装備を載せて、気軽に旅立てるような軽快感があります。カモフラージュ柄にイエローのポイントカラーが目立ちます。

正面に向かい左に位置するのが、キャリー・フィッシィングギア。あの軽トラのキャリーにカラーリングを施し、イメージを変えてきました。フィッシングで濡れた道具も、何も気もせずに載せられる、そんな気軽なタフギアを感じます。艶消しの様なボディカラーが非常にマッチしております。

後ろの荷室には、釣り道具を満載し、釣った魚をいれたクーラーボックスも、ガシガシと気軽に乗せることが出来そうです。黒塗りの鉄フレームも、クルマの印象をタフギアに変えるのに一役かっています。

さらに、スイフトスポーツオートサロンバージョンが展示されています。

艶消し塗装のボディに、オレンジのハイライトが入り、タダならぬオーラを醸し出しています。直に触れることが出来ませんが、このバージョンの特別仕様モデルの登場が期待できます。

XBEEのストリートアドベンチャー。こちらもコンセプトカーですが、すでに完成度は高く、発売間近のクルマのように見えます。

コンパクトカーと侮れない、カラフルで明るい雰囲気は、見ていても飽きない、インパクトのあるブースでした。

(文/写真:吉川賢一)

『東京オートサロン2018』の最新記事

セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事