【東京オートサロン2018】豪華ゲストと日本では滅多に見られないクルマやタイヤに出会える東洋ゴムのブース

クールなテレビCMなどを流し、モータースポーツイメージを若者にアピールし続けている東洋ゴム。東京オートサロン2018のブースでは、世界中に多くのファンを持つラリー&ジムカーナドライバーのケン・ブロック選手と、同じくオフロードフィールドで活躍するタフネスドライバー、BJバルドウィン選手の2名をゲストに迎えて、華やかなステージを繰り広げています。

ブースの展示構成も日本ではあまり見ることができないクルマや日本未発売のタイヤを展示するなど、ほかのタイヤメーカーとは一線を画するものとなっています。

というのも、多大な費用を投じて出展するのに日本でのビジネスに通じないモデルを展示するというのは異例なことなのです。東洋ゴムはあくまでも自社のイメージアップのための展示という雰囲気が伝わってきます。

展示車両はケン・ブロック選手がドライブするフォード・マスタング(PROXES R888R装着)、BJバルドウィン選手のトヨタ・タンドラ(OPEN COUNTRY MT-R装着)、フォードF-150ラプター(OPEN COUNTRY M/T装着)、アウディTTRS(PROXES RR装着・日本未発売品)、ランドローバー・レンジローバースポーツ(PROXES T1 sport SUV装着・日本未発売品)、BMW M2( PROXES Sport装着)の各車。

超有名ドライバーのトークショーはもちろん、日本では滅多に見ることができないクルマやタイヤを見ることができるだけでも、かなり価値の高いブースと言えるでしょう。

(諸星陽一)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ほんの少しの手直しで公道OK。JUNが出展した1500馬力オーバーのチューンドR35
【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事