アウディ・A6次期型、生産型パーツを装着して豪雪を走った!

アウディのミッドサイズ・4ドアセダン「A6」次期型プロトタイプを豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えました。

キャッチした開発車両は、これまでのテストミュールではなく、生産型パーツを装備した最終プロトタイプのようです。カモフラージュから部分的に見えるLEDヘッドライトやテールライトは、「A7」や「A8」新型と酷似したグラフィックを持っていることも発覚したほか、テールライトの間にはLEDストリップライトが装備されるようです。

ボンネットは、現行モデルとは異なるラインを描き、サイドミラーがドアに移動、シングルフレームグリルは薄くワイド化されていることがわかります。また、「MLB evo」モジュラープラットフォームにより100kg以上の軽量化を図り、ホイールベースが延長される見込みです。

パワートレインは、1.8リットル直列4気筒を始め、2リットル直列4気筒、3リットルV型6気筒に加えPHEV「e-tron」のラインアップが予想されます。また最先端の自動運転技術を搭載し、ライバルのメルセデス「Eクラス」やBMW「5シリーズ」を凌ぐ高度な技術を持つとレポートされています。

ワールドプレミアは、2018年秋と予想されています。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事