メルセデス・ベンツ Aクラスのセダンモデルは、高級感とスポーティなデザインに注目

メルセデス・ベンツが、2017年4月の上海モーターショーでワールドプレミアしたブランド最小サルーン『コンセプトAセダン』の市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

プロトタイプの車名どおり、『Aクラス』第4の派生モデルとなる4ドアセダンです。開発車両から見える特徴は、高級感を感じる落ち着いたクーペルーフに、スポーティさを感じる高いベルトラインとシャープなヘッドライト。またテールライトはコンセプトモデルに近く、ボディサイドへ広がるデザインが採用される可能性が高いです。

「コンセプトA」では、パナメリカーナグリルが装着されていましたが、市販型では不明です。ボディサイズは全長4570mm、全幅1870mm、全高1462mmと「Aクラス」ハッチバックと比較してかなり広い室内となりそうです。

Aクラスベースの4ドアセダンでは「CLA」が存在しますが、「Aクラス セダン」は高級感とスポーティさを合わせ持ったデザインが予想されます。パワートレインは、1.5リットルまたは1.6リットルガソリンエンジンや2リットルターボディーゼルが予想されています。

日本導入は2019年が有力です。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事