2017年10月の月間セールス、実質トップはあの「兄弟モデル」! そこから見える日本人気質は?

日本自動車販売協会連合会が発表した2017年10月の登録車(軽自動車、輸入車除く)のセールスランキングを見ていると、スライドドア車のヴォクシーとルーミーというトヨタ車が順位を上げていることに気付きます。

●2017年10月 登録車販売ランキングトップ10(自販連調べ)
1位 トヨタ アクア 10,031台(前月3位)
2位 トヨタ プリウス 10,014台(同2位)
3位 トヨタ ヴォクシー 7,417台(同8位)
4位 トヨタ ルーミー 7,090台(同10位)
5位 ホンダ フリード 7,060台(同4位)
6位 ホンダ フィット 7,020台(同5位)
7位 トヨタ シエンタ 6,692台(同6位)
8位 トヨタ カローラ 6,505台(同14位)
9位 トヨタ タンク 6,064台(同13位)
10位 トヨタ ヴィッツ 5,900台(同11位)

ヴォクシーには、ノアとエスクァイアという兄弟車がいます。ヴォクシー単独で3位となる7,417台も売れているのであれば、三兄弟を合計すれば、アクアを抜いて実質トップになる可能性は大。さらに、ルーミーには兄弟車のタンクが9位にランクインしているだけでなく、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティと四兄弟なのです。

つまり、ルーミー四兄弟はヴォクシー三兄弟を抜いてしまうかもしれません。というわけで、それぞれ兄弟車の販売台数を調査、合計してみることにしました。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。