【東京モーターショー2017】マツダの次世代商品群の先駆けとなるコンセプトカー「魁 Concept」は、次期アクセラ?

結論から言おう、マツダブースにある赤いコンセプトモデル「魁(かい)コンセプト」は次期アクセラの方向性を先取りしたモデルだ。

『「魁 CONCEPT」は、マツダの次世代商品群の先駆けとなるコンパクトハッチバックコンセプト。次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」、次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」と深化した魂動デザインを採用、マツダが目指す次世代のクルマづくりを体現したモデル。』

とマツダは言うが、それはすなわち次期アクセラのこと。

マツダは現在のスカイアクティブシリーズに続く新技術コンセプトとして「SKYACTIV-X」を開発しているが、その要となり世界初の量産化を前提にした圧縮着火ガソリンエンジンが次期アクセラ搭載されることが確定しているのだ。また次期アクセラには環状構造を採用した新コンセプトのボディが採用される。

とはいえ、この「魁(かい)コンセプト」はあくまで美しさを求めたコンセプトカーなので、実際に発売されるアクセラはここまで流麗なデザインではないだろう(だからあくまで「アクセラコンセプト」ではなく別車種なのだ)。

また「魁(かい)コンセプト」のボディサイズは現行アクセラよりかなり大きいように見えるが、これは伸びやかさを強調するためであり、本当の次期アクセラは現行モデルとほとんどかわらないボディサイズになるようである。

(工藤貴宏)

『東京モーターショー2017』の最新記事

【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事