BMW X4、2代目にして初の「M」モデルを投入!最高出力は470馬力を発揮か

新型の発表が迫っていると見られるBMWのミドルクラスSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)『X4』に、初の最高性能モデル『X4 M』が投入されます。その最新プロトタイプをキャッチしました。

「X4」次期型は、角ばった次世代イカリング、存在感を増した大型キドニーグリル、薄型テールライトを装備。Aピラーは寝かされ、ライバル『GLCクーペ』のようなファストバックスタイルでよりスポーティなボディとなります。

プラットフォームには『X3』新型と共有する「CLAR」アーキテクチャーを採用し、約100kgの軽量化が図られますが、ホイールベースの延長により居住空間は向上するようです。

ベースモデルの上位には、370psを発揮する『M40i』が控えます。そして最上位モデルとして「X4 M」が君臨することになります。パワートレインは、「M」社による専用チューンが施される3リットル直列6気筒の新開発「S58」エンジンを搭載、最高出力は450ps〜470psを発揮すると見られています。

「X4」の登場次期にもよりますが、順当ならば2018年3月のジュネーブモーターショーでのワールドプレミアが予想されます。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事