【新車】新型リーフ発表を聞いた旧型オーナーの心のボヤキ その4「試乗してわかった新型リーフのスゴいところ」

「やーっと乗れた!」
これまで新型リーフについて旧型オーナーとしての心のボヤキを、3話も書いてきました。

日産本社のギャラリーへ見学に行ったり、旧型リーフのメンテナンスでお世話になっているディーラーへも向かい、試乗車を目にしながらも、例の完成検査不備問題で試乗延期となり、せっかくの機会を逃していた私。今回、試乗体感車がおいてあるディーラーを見つけ、ようやく試乗体感することができました。

新型リーフにはS,X,Gの3種類のグレードがありますが、販売の中心は最上級のGグレードです。試乗車はこのGグレードに、メーカーオプションの本革シート+BOSE Energy Efficient Seriesサウンド&7スピーカ付でプラス216,000円のセットオプションがついた仕様です。タイヤサイズは17インチ。カラーリングはテレビCMでもよく目にする、ボディがホワイトパールでルーフがブルーパールの2トーン。こちら、オプション設定のカラーなので70,200円。カーライフアドバイザーさんに聞くと、手塗りで一台ずつルーフを塗っており、相当手間をかけているそうです。この2トーンカラーが大変人気で、すでに年内納車は間に合わないかもしれないとのこと。

では、早速試乗をしていきます。

『日産リーフ』の最新記事

【新型日産リーフ試乗03】 日産の自動運転技術「プロパイロット」が突如、制御を諦めた? その瞬間、あなたはどうする?
【新型リーフ試乗02】箱根往復にチャレンジ! 山道上りでの電気の減り方は?
【新型リーフ試乗01】満充電でメーターには281キロと表示! 実電費でフル充電から航続距離何キロ実走行できる?
【新車】新型リーフ発表を聞いた旧型オーナーの心のボヤキ その3「いま、リーフはディーラーで試乗できる? できないときのチェックポイントは?」
【新車試乗 日産リーフ】自動操縦機能も備え、EVをより身近に「いま見える明日(後編)」

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事