アウディ最速モデル「R8 GT」復活!? 楕円ツインエキゾーストや新設計ディフューザーを備えたリアビューを激写

アウディ史上最速の市販車として、2011年に限定発売された『R8 GT』が復活する可能性が高い事が分かりました。そのプロトタイプを初めてカメラが捉えました。

アウディは9月のフランクフルトモーターショーで、初の後輪駆動(2WD)『R8 V10 RWS』を初公開したばかりですが、ハイパフォーマンスモデルの開発も進んでいるようです。

ベースとなっているのは、『R8 V10 Plus』と思われます。しかし捉えたリアビューを見ると「RS」モデルに典型的な大径の楕円形ツインエキゾーストパイプ、4本のフィンを備える新設計ディフューザー、その上には水平スラットが見えます。さらにその上には左右一杯に拡げられたハニカムメッシュのエアアウトレットが確認でき、「R8 V10 Plus」以上の高性能モデルの可能性が高いようです。

パワートレインは、「ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ」から流用される5.3リットルV型10気筒エンジンで、最高出力は640psを発揮。これは先代「R8 GT」の560ps、「R8 V10 Plus」の610psを超越する出力で、アウディ市販車最強モデルとなると予想されます。

早ければ2018年3月のジュネーブモーターショーでその勇姿が見られるかもしれません。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事