【2017新作スタッドレス】最新のハイト系専用スタッドレス「ウインタートランパス」に乗って感じた4つの進化

ミニバン専用スタッドレスタイヤとしておなじみの「トランパス」。そのスタッドレスタイヤである「ウインタートランパス」が今シーズン性能を向上し「ウインタートランパスXT」へと進化しました。その進化ポイントはすでにお伝えしましたが、やはり気になるのは実際の走り。

そこでウインタートランパスXTを雪あり氷あり、アップダウンありのテストコースで試乗してきました。

試乗場所は北海道にある雪道あり、磨かれたアイスバーンあり、そしてかなりの上り下りもあるというけっこう過酷なテストコース。そのコースでトヨタ・エスクァイアやフォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランというミニバンにウインタートランパスTXを履いて、従来品の「ウインタートランパスMK4α」を履いた同じ車種とも乗り比べながらドライブしました。

そんな試乗で印象に残ったことを4つのポイントにわけで紹介しましょう。

1.雪上での発進能力は予想以上にいい

試乗した日はやや気温が緩んだこともあって一部の路面の雪がやや溶けたシャーベット状とスタッドレスタイヤにとっては優しくないコンディション。しかし、走り出してすぐに感じたのはそんな条件の悪いコンディションでもしっかりとトラクションを稼げていたことでした。

グッとタイヤが路面をとらえてスムーズにクルマを発進させ、加速していく。その一連の動きからして手ごたえを実感できました。発進で安心できるタイヤは、信頼感が違います。

『スタッドレスタイヤ』の最新記事

【2017新作スタッドレス】ミニバン専用から「ハイト系専用」へと進化したスタッドレス「ウインタートランパス」の特徴とは?
氷上性能だけでなくユーザーが求める新たなニーズ「ウェット性能」を重視した横浜ゴム「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事