トヨタ自動車の9月度米国販売、SUV系が好調の中で新型カムリも健闘!

トヨタ自動車が10月3日に発表した米国における新車販売状況によると、本年1月〜9月の累計総販売台数は183.1万台(前年同期比+0.5%)で、内訳はトヨタ系が161.2万台(同+1.6%)、レクサス系が21.9万台(同‐7.0%)となっています。

車型別ではセダン系の累計販売台数が77.8万台(前年同期比‐11.3%)なのに対して、SUV・ピックアップ系が105.3万台(同+11.4%)と好調で、まさにセダン系を補完する形となっており、昨今の米国市場の傾向を顕著に表しているようです。

また9月度の総販売台数は22.6万台(前年同月比+14.9%)で、内訳はトヨタ系が20万台(同+16.9%)、レクサス系が2.6万台(同+1.5%)の状況。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事