【新車】ホンダ・シャトルが商品改良、先進安全装備と第2世代ハイブリッドを採用

ホンダの5ナンバー・ステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」がマイナーチェンジ、2017年9月15日より発売されました。

目立った変更点は、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備(レスオプション設定もあり)したこと。また、7速DCTとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムはスムースな走りが味わえるようギア比を見直した第2世代へと進化。燃費ベストグレードでは34.4km/L(JC08モード)の燃料消費率を実現しています。

ミリ波レーダーと単眼カメラにより前方の状況を認識する予防安全・先進安全装備「ホンダセンシング」については、8つの機能をフル装備。ACC(追従クルーズコントロール)は30~100km/hに対応するタイプとなっています。またLKAS(車線維持支援システム)は65km/hで機能するタイプとなります。

外観では、フォグライトがLED化されたのが変更点。夜間の色味がヘッドライトと合ったことはディテールアップといえるでしょう。ユーティリティ面では深さを二段階で調節可能なドリンクホルダーを新採用。ペットボトルなどの大きさに合わせることで、使いやすくなっています。

また、純正オプションの7インチナビが「Apple CarPlay」、「Android AutoTM」に対応しました。

メーカー希望小売価格は、1.5リッターハイブリッドが2,080,080円~2,631,960円。1.5リッター直噴ガソリンエンジン車が1,770,120円~1,964,520円となっています。

●シャトル ハイブリッドZ ホンダセンシング(2WD)主要スペック
車両型式:DAA-GP7
全長:4400mm
全幅:1695mm
全高:1545mm
ホイールベース:2530mm
車両重量:1240kg
乗車定員:5名
エンジン型式:LEB
エンジン形式:直列4気筒DOHC
総排気量:1496cc
最高出力:81kW(110PS)/6000rpm
最大トルク:134Nm(13.7kg-m)/5000rpm
モーター型式:H1
モーター形式:交流同期電動機
最高出力:22kW(29.5PS)/1313-2000rpm
最大トルク:160Nm(16.3kg-m)/0-1313rpm
変速装置:7速DCT
燃料消費率:29.8km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:185/55R16 83V
メーカー希望小売価格(税込):2,469,960円

(山本晋也)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事