【フランクフルトモーターショー2017】ホンダが新型CR-Vの「HVプロトタイプ」を初公開!

欧州ホンダが9月5日、フランクフルトモーターショー2017(9/12開幕)に出展する「CR-V HVプロトタイプ」の概要を発表しました。

同社の欧州向けSUVの中で初のHVモデルとなるもので、新型「CR-V」をベースに2.0L直4ガソリンエンジン「i-VTEC」に2個のモーターを組合わせたHVシステム「i-MMD」(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)を搭載。

「EVドライブ」、「ハイブリッドドライブ」、「エンジンドライブ」の3つの走行モードを走行状況に合わせて自動的に切り替えるシステムで、一般道では「ハイブリッドドライブ」と「EVドライブ」を主に選択することで燃費を向上させ、高速道路などでの加速時には「エンジンドライブ」に自動的に切り替わります。

「EVドライブ」ではバッテリーから供給される電力でモーターによるゼロエミッション走行、「ハイブリッドドライブ」ではエンジンで発電してモーターに電力を供給、余剰電力は発電機を介して戻され、バッテリーを充電します。

また「エンジンドライブ」では、エンジンにより車輪が直接駆動され、必要時にはモーターによる「ブースト」効果を活用。

ホンダによれば、HVモデルの他にも1.5LVTEC直噴ターボ搭載モデルがラインナップされる模様で、6MTもしくはCVTが選択可能とか。ちなみに欧州向けには今後の環境規制強化を踏まえ、ディーゼルエンジンはラインナップしていない模様。

新型「CR-V HV」は2018年早々に量産モデルの詳細が明かされ、その後、欧州で正式発売されるそうです。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

ホンダの燃料電池車「クラリティ FUEL CELL」が東京都内でタクシーに!
https://clicccar.com/2017/07/12/491094/

ホンダ「S2000」が新型CIVICタイプRの心臓を得て復活!?
https://clicccar.com/2017/07/07/489313/

完全自動運転が可能な「レベル4」を2025年に実現させる、ホンダの意気込みとは?
https://clicccar.com/2017/06/12/481731/

ホンダが人工知能の開発でボストン大学と共同研究を開始!
https://clicccar.com/2017/05/22/474643/

ホンダが2シーター・オープンスポーツ「S660」特別仕様車を期間限定で発売!
https://clicccar.com/2017/05/19/473574/

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事