【新車】米国向け大型SUV・マツダ「CX-9」は充実装備で350万円~とお買い得!

北米マツダが9月5日、「CX-9」の2018年モデルを米国で9月内に発売すると発表しました。

「CX-9(2代目)」は一昨年のロサンゼルス・オートショーで発表された7人乗りのフラッグシップSUVで、「SKYACYIV-G 2.5T」(直4ターボエンジン)を搭載。

車両のスリーサイズは、全長:5,065mm・全幅:1,969mm・全高:1,716mm・ホイールベース:2,930mmとなっています。

2018年モデルの車両価格は32,130ドルからとなっており、「スポーツ」「ツーリング」「グランドツーリング」「シグネチャー」の4グレードが存在。

全車に「SCBS」(スマートシティブレーキサポート)や、ブラインドスポット・モニタリング、リアクロス・トラフィック・アラートを標準装備しており、緊急時(30km/h以下)には自動ブレーキにより追突を回避します。

エントリーグレードの「スポーツ」においても、オートヘッドライトやオートワイパー、車線逸脱警報、レーン・キープ・アシストなどが装備されており、スポーツPKGをチョイスすると、全車速レーダークルーズコントロールが付いて来ます。

また最上位グレードの「シグネチャー」では、インテリアに日本の代表的ギターメーカー「Fujigen(フジゲン)」製のローズウッド・トリムを採用するなど、約350万円台から手に入る米国向けの「CX-9」は、かなりお買い得な設定になっているようです。

Avanti Yasunori・画像:MAZDA)

【関連記事】

マツダ・CX-5がJNCAP衝突安全性能評価でファイブスター賞を受賞!
https://clicccar.com/2017/09/09/508948/

ロータリーエンジンを搭載したマツダ「コスモ・スポーツ」が1/8スケールで蘇る!
https://clicccar.com/2017/08/28/504369/

マツダが2019年に性能/燃費を大幅向上させた次世代エンジン車を発売へ!
https://clicccar.com/2017/08/11/500697/

トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?
https://clicccar.com/2017/08/06/499136/

トヨタとマツダのコラボが生み出す「ワク・ドキ」に期待!
https://clicccar.com/2015/05/16/307250/

【関連リンク】

MAZDA CX-9
https://www.mazdausa.com/vehicles/cx-9

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事