ミニバンなのに4台に1台がMT! 人気に応えてMTの限定車「ルノー カングー S MT」が発売

ルノー・カングーはリヤに両側スライドドア、左右分割の横開き式を採用するテールゲート、そして広大な室内空間などを備えており、ルノー・ジャポンでは「ミニバン」と表現しています。

その使い勝手の良さから、独身の方からファミリー層まで幅広いユーザーに愛されているカングー。2015年の販売比率では4割近くがMTを占め、近年のAT/MT比率を平均しても4台に1台がMTになるそうですから、ミニバンとしてだけでなく、日本で買える新車の中でもMT比率は高い方に入りそうです。こうしたモデルでも走るのが好きな層から支持されているのがうかがえます。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。